ワンストップサービスの実現
HAGニュース
HAGひかりアドバイザーグループ

地方法人特別税創設で、超過税率の引上げも

2008/05/16  税務ニュース

一部都道府県が検討

 平成20年度税制改正では、法人事業税収のほぼ半分を分離する形で「地方法人特別税」が創設されましたが、これにより、一部の都道府県では実質的な減税となります。これは、地方法人特別税においては、事業税における「超過税率」の適用はできないからです。
 しかし、一部の都道府県では、減税分を補うために超過税率の引上げの是非を検討しています。

法人側は「増減税なし」との認識

 平成20年度税制改正で導入された「地方法人特別税」とは、都市部と地方との地域間の財政力格差を埋めるため、およそ26兆円の法人事業税を分離する形で創設されるものです。地方法人特別税は、「消費税を含む税体系の抜本的改革が行われるまでの間の暫定措置」であり、分離された法人事業税を「人口」および「従業員数」を基準として都道府県に譲与することになります。
 このような地方法人特別税の導入理由からしますと、地方法人特別税は都道府県にとってメリットのある税のようにみえるとともに、法人側からすると、法人事業税から分離されたものに過ぎないことから、「実質的な増減税はない」との理解が一般的となっています。
 しかし、一部の都道府県では、地方法人特別税の導入に伴って、実質的な減税となる可能性のあるところがあります。

制限税率までは0.05〜0.07の余裕

 実質的な減税となる可能性があるのは、事業税において「超過税率」を採用している都道府県です。
 地方税法では、法人県民税と法人事業税について標準となる税率を定める一方で、「財政上の特別の必要がある場合には、地方団体は、この標準となる税率を超える税率(超過税率)を条例で定めて課税することができる」としています(地方税法1条1項5号)。しかし、国税である地方法人特別税には超過税率は適用できないため、これまで法人事業税に超過税率を採用してきた都道府県においては、超過税率を適用できない分だけ、減税になるというわけです。
 法人事業税において超過税率を採用しているのは、東京、大阪、愛知、神奈川、京都、兵庫、静岡などで、これらの都道府県では、この減税の問題を認識している模様です。このうち東京都などでは、超過税率を引き上げるかどうか、「その是非を含め検討している」そうです。
 超過税率は1.1倍が制限税率、すなわち上限となっていますが、東京、大阪、神奈川、京都、兵庫、静岡の超過税率は1.05倍、愛知の超過税率は1.03倍となっており、制限税率までは0.05〜0.07の余裕が残されています。これらの都道府県の対応が注目されるところです。
HAGレポート
HAGニュース
セミナー案内
スタッフ紹介
所在地
沿革
コンタクト
ホーム
info@hikari-advisor.com
 
ひかりアドバイザーグループ
ひかり税理士法人  
ひかり司法書士法人 ひかり社会保険労務士  
  ひかり監査法人 ひかり経営戦略株式会社  
ひかり財産戦略株式会社 ひかり行政書士事務所  

Copyright(c) 2006  hikari-advisor All Rights Reserved.